愛知県は2日、長久手市の愛・地球博記念公園に建設する「ジブリパーク」に映画「となりのトトロ」の世界を再現し、子どもたちが遊べる空間を整備すると発表した。映画「天空の城ラピュタ」の空飛ぶ巨大な船も全長6・3mのスケールで設置する。

 いずれも2022年秋の先行開業を予定する3エリアの一つ「ジブリの大倉庫エリア」に造る。

 3エリアの約1年後に開業を予定する「魔女の谷エリア」には、今年公開予定の映画「アーヤと魔女」に登場する「魔女の家」を再現。エリア内の池のほとりには、れんが造りの倉庫をイメージしたレストラン棟を延べ床面積約956平方mの規模で建設する。