全国知事会など地方6団体と菅義偉首相をはじめ関係閣僚が意見交換する「国と地方の協議の場」が2日、官邸で開かれた。菅首相は新型コロナウイルスのワクチンに関し「国と地方が一体となり、希望する全ての人が一日も早く接種できるよう全力で取り組みたい」と述べ、地方側に協力を要請した。

 オンラインで参加した全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は「ワクチン接種を加速化させる必要がある」と応じた。

 会合は、政府側から武田良太総務相らが出席した。

 協議の場は、地方分権や税財政、社会保障などを関係閣僚と6団体の代表者が話し合い、政策に反映させるのが目的。