政府は2日、国内で新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人の数が1日時点で1千万人を超えたとの集計結果を公表した。医療従事者らが465万人、65歳以上の高齢者らが573万人。合計1038万人で人口の約8%に相当する。伊藤忠商事は国内勤務の社員ら約7500人を対象に21日から接種を始めると発表。政府は東北大や広島大など7大学での接種開始に向けて調整を進めており、1日100万回の接種体制構築を急いでいる。

 政府によると、2回目も含めた接種回数の総計は1400万回に迫る。医療従事者で313万人、高齢者47万人で人口の約3%に相当する。