KDDIは2日、料理宅配大手のmenu(メニュー、東京)と資本業務提携したと発表した。KDDIがメニューに50億円を出資し、株式の20%を取得して持ち分法適用会社とした。グループ会社とすることでスマートフォン決済「auペイ」の利用拡大につなげ、金融事業などの非通信分野を強化する。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、料理宅配の需要が高まっている。メニューには国内で約6万の飲食店が加盟。KDDIは料理宅配の支払いにauペイを使えるようにするほか、共通ポイント「Ponta(ポンタ)」の活用機会を増やすなどして利用者の囲い込みを進め「経済圏」を広げたい考えだ。