和歌山県の仁坂吉伸知事は2日、県庁で記者会見し、誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者に、カナダに本社を構え、北米などでカジノ開発に携わるIR投資会社「クレアベスト・グループ」を選定したと発表した。県は2026年以降の開業を目指している。

 和歌山の事業者選定には、サンシティグループホールディングスジャパン(東京)も参加していたが5月12日付で辞退した。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済の先行きが不透明なことを理由としている。

 IRは、和歌山県や横浜市、大阪府・大阪市、長崎県の計4地域が誘致を表明。事業者を選定したのは和歌山が初めて。