任天堂は2日、トランプや花札の製造を行っていた宇治小倉工場(京都府宇治市)の用地を資料館に改築すると発表した。過去に発売した商品を展示。観光施設としての集客を目指し、2023年度の完成を予定している。

 具体的な展示は決まっていないとしているが、かつて人気を集めた家庭用の小型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」や、「スーパーマリオブラザーズ」のソフトが大ヒットした「ファミリーコンピュータ」など、娯楽の歴史を感じさせる施設になりそうだ。

 宇治小倉工場は1969年に宇治工場として建設され、その後現在の名称に変わった。