政府が、F35A最新鋭ステルス戦闘機4機を2025年にも航空自衛隊小松基地(石川県小松市)に配備する方向で調整していることが分かった。中国やロシアによる領空侵犯への対処力強化が狙い。将来的には約20機に増強する考えだ。3日にも県や小松市に計画を伝達する。政府関係者が2日、明らかにした。

 小松基地には日本海側唯一の戦闘機部隊があり、F15戦闘機を約40機配備している。政府は今後、F15の一部をF35Aに順次入れ替える方向で検討している。

 米空軍仕様のF35Aはレーダーで捉えにくいステルス性に優れた「第5世代機」と呼ばれ、高い機動力とミサイル探知能力を持つ。