環太平洋連携協定(TPP)に参加する11カ国は2日、閣僚級会合「TPP委員会」をオンライン形式で開いた。英国による加入申請への対応を協議。議長を務めた西村康稔経済再生担当相は終了後の記者会見で、TPP委員会が英国の加入交渉の開始を決定したと発表した。交渉開始決定は発足国以外で初めて。

 英国は欧州連合(EU)離脱により可能となった独自の通商政策の柱にTPP加入を位置付けており、TPP加盟国の経済成長を取り込みたい考え。日本など参加国は英国の加入によって高水準なルールを拡大し、経済圏を広げる狙いがある。

 本格的な交渉を行う作業部会は数カ月以内に始まる見通し。