下着や水着姿の少女(16)の有料撮影会を開催したとして、警視庁少年育成課は2日までに、女子高校生らによる接客を売りにしたJKビジネスを規制する東京都条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、芸能事務所経営の三枝幸男容疑者(60)=東京都新宿区上落合=を逮捕した。撮影会に参加していた男性客2人も同法違反容疑で書類送検した。

 少年育成課によると、三枝容疑者は昨年2月~今年2月、所属していた少女らの撮影会を開催、計約400万円を得ていたとみられる。「40~50人ぐらい少女を雇っていた。裸でなければ撮影は大丈夫と思っていた」と容疑を一部否認している。