【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は1日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。WHOは先月、中国医薬集団(シノファーム)のワクチンを承認済みで、中国製ワクチンは2例目。

 保管が容易なことから、発展途上国などへの普及が期待される。18歳以上の接種を奨励している。臨床試験結果によると、接種者の51%が熱などの症状が出るのを抑えられた。

 新型コロナワクチンを共同出資・購入し、途上国にも行き渡らせることを目指す国際枠組み「COVAX(コバックス)」は、WHOの緊急使用承認を前提としている。