【コーンウォール共同】エリザベス英女王は11日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開幕した英南西部コーンウォールにある植物園に首脳らを招いて懇談した。チャールズ皇太子夫妻や孫のウィリアム王子夫妻も参加。新型コロナウイルス感染拡大や女王の夫フィリップ殿下死去の後、久々の王室外交となった。

 女王を中心にG7首脳が記念撮影し、菅義偉首相は女王の後方の位置に立った。終了後は、フランスのマクロン大統領や最後のサミット参加となる見通しのドイツのメルケル首相らが女王を囲み、和やかな雰囲気で言葉を交わした。