11日午後0時半ごろ、福島県三春町熊耳下荒井、田村署の屋上で、同署地域交通課の壱岐明日真巡査(21)が頭から血を流して倒れているのを署員が見つけた。巡査は搬送先の病院で死亡。現場でうつぶせだった巡査の体の下に、貸与されていた拳銃があった。県警は巡査が頭を撃ち自殺を図ったとみて、銃刀法違反容疑で調べる。

 県警警務課によると、県警内でのトラブルは確認されておらず、遺書も見つかっていない。記者会見した佐藤剛課長は「拳銃を使用した可能性のある事案が起き、誠に遺憾だ」と陳謝した。

 この日正午ごろ、署員らが壱岐巡査の姿が見えないことに気付いて捜索、屋上で発見した。