萩生田光一文部科学相は11日の閣議後記者会見で、21日から可能となる職場や大学での新型コロナワクチン接種について、実施を申請した大学が32校に上ると明らかにした。10日時点での集計で、実際の接種開始は各大学で準備が整い次第となる。

 自治体の高齢者向け接種に影響が出ないよう、接種を希望する企業や大学は、ワクチンの打ち手となる医療従事者や会場を自前で確保する必要がある。既に東北大や慶応大、広島大などが21日の接種開始を表明していた。

 文科省は、実施する場合には近隣大学の学生を受け入れるよう要請。周辺の小中高校の教職員や地域住民への対象拡大も促している。