【コーンウォール共同】先進7カ国首脳会議(G7サミット)が英南西部コーンウォールで11日午後(日本時間同日夜)に開幕する。世界が新型コロナウイルス禍に見舞われる中、ワクチン供給や経済回復で協力を確認。覇権主義的な動きを強める中国への対応で連携する。初の対面参加となる菅義偉首相は10日深夜(同11日朝)、政府専用機で現地の空港に到着した。夏の東京五輪・パラリンピック開催の支持を取り付けたい考えだ。

 昨年のサミットはコロナなどの影響でテレビ電話会議方式だったため、対面開催は約2年ぶり。最終日の13日には首脳声明を出す予定だ。