2018年に富山市で起きた交番襲撃事件で、元陸上自衛官島津慧大被告(24)=殺人罪などで無期懲役判決、控訴=に拳銃で射殺された警備員中村信一さん=当時(68)=の遺族が、「交番襲撃後の富山県警の初動対応に問題があった」として、県と被告を相手取り損害賠償計約2600万円を求め、富山地裁に11日に提訴することが分かった。遺族側代理人弁護士が10日明らかにした。

 弁護士によると、遺族側は、島津被告が富山中央署奥田交番で警察官を刺殺した後、拳銃を持って逃走した可能性を県警は認識していたのに、住民や通行人に注意喚起を十分行わず安全確保を怠った、と主張している。