立憲民主、共産、国民民主の野党3党の国対委員長は10日、国会内で会談し、社民党を含めた党首会談を同日午後に開催すると決めた。菅内閣に対する不信任決議案の提出の是非を巡って調整する。16日に会期末を迎える今国会の大幅な会期延長要求についても協議する方針だ。

 立民は、菅内閣の新型コロナウイルス対応が後手に回っていると問題視。不信任案を提出する方向で検討に入っている。枝野幸男代表は9日の党首討論における菅義偉首相の答弁について「真剣さに欠け、危機感が感じられない」と批判していた。