【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比15銭円安ドル高の1ドル=109円58~68銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2173~83ドル、133円49~59銭。

 朝方は米長期金利が低下したことを受けて、ドル売り円買いが先行した。その後はドルを買い戻す動きも出て、もみ合った。10日に米消費者物価指数の発表があることから積極的な取引は手控えられ、値動きは小幅だった。