柔道の世界選手権第4日は9日、ブダペストで男女各1階級が行われ、男子81キロ級で2018年2位の藤原崇太郎(旭化成)が3位決定戦でフランク・デウィット(オランダ)に延長で指導3による反則負けを喫し、5位に終わった。同級の日本勢は2大会連続でメダルを逃した。

 23歳の藤原は準々決勝で19年2位のマティアス・カス(ベルギー)に指導3による反則負け。18年決勝で敗れたサイード・モラエイ(モンゴル)との敗者復活戦は優勢勝ちした。

 女子63キロ級で18年アジア大会優勝の鍋倉那美は初戦敗退した。2回戦でベネズエラ選手に延長の末、指導3による反則負け。