【パリ共同】テニスの全仏オープン第11日は9日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準々決勝で第17シードのマリア・サカリ(ギリシャ)と世界ランキング33位のバルボラ・クレイチコバ(チェコ)が勝ち、ともに四大大会で初めて4強入りした。両者は10日の準決勝でぶつかる。

 サカリは昨年覇者で第8シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)を6―4、6―4で破った。クレイチコバは第24シードの17歳、コリ・ガウフ(米国)を7―6、6―3で下した。

 男子シングルス準々決勝では5年連続14度目の頂点を狙うラファエル・ナダル(スペイン)が準決勝に進んだ。