【ニューヨーク共同】連休明け1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前週末終値と比べた上げ幅が一時300ドルを超えた。米景気回復の加速を期待した買いが先行した。

 ハイテクやヘルスケアの業種が上昇し、投資家心理を支えた。