日本ハムは一回に渡辺の1号2ランなどで3点を先制。三回は近藤の2ラン、四回は清水の犠飛で加点し、五回は石井の適時打で差を広げた。上沢が七回途中3失点で5勝目。広島は大瀬良が打ち込まれて、3連敗。