バスケットボール男子Bリーグの王座を争う日本生命チャンピオンシップ(CS)決勝は1日、横浜アリーナで2戦先勝方式の第3戦が行われ、千葉が71―62で宇都宮に競り勝ち、リーグ5季目で初優勝を果たした。

 互いに激しく守って競り合い、50―50で最終クオーターに突入。過去2度準優勝の千葉は富樫やエドワーズの得点でリードを奪い、粘り強い守備も光った。宇都宮は比江島がファウル五つで退場するなど、最終盤の攻防で一歩及ばず、4季ぶりの優勝を逃した。