神戸市は1日、新型コロナウイルスの英国型変異株に、ワクチンの効果を弱める可能性がある「E484Q」という変異が加わったウイルスの感染例を国内で初めて確認したと発表した。市内の50代男性で、同居の濃厚接触者1人は新型コロナに感染しておらず、広がりは限定的とみている。

 男性の感染は5月17日に確認。軽症で、同月27日に自宅療養を終えた。市がゲノム解析をして変異を発見した。市は男性や同居人に渡航歴がないことから、男性が英国型に感染した後に変異が起きたとみている。

 市によると、今回と同様の変異株は欧州を中心に海外で150例ほど発見例がある。