東京五輪に参加する日本選手団への新型コロナウイルスワクチン接種が1日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで本格的に始まった。日本オリンピック委員会(JOC)によると、初日は日本選手団本部と6競技団体の選手、関係者の計約200人が接種を受けた。JOCは選手の名前や競技を非公開としたが、日本サッカー協会は合宿中の男子チームが接種を終えたと明らかにした。

 各国・地域の選手団にワクチンを無償提供する米製薬大手ファイザーから提供を受けた。JOCによると、接種対象は選手約600人に監督、コーチら関係者を含めた計約1600人の見込み。