政府は新型コロナウイルスワクチンの職場・大学接種の21日開始に向けた準備を急いだ。自治体に対しては、接種券が届く前でも打つことができると通知した。各大学や航空やトラック、金融機関など各業界には協力態勢や支援策を探るため意向調査を実施した。企業の下請けや大学生、従業員の家族や周辺住民も対象に含める方向で調整する。大学は東北大や広島大など7大学が他の大学に先行する見通しだ。

 厚生労働省によると、職場や大学では「接種券」が届いていなくても可能とする。後日、自宅に券が届いたら勤務先に提出して情報を登録してもらう仕組みとし、手続きで混乱がないよう周知を図る。