大阪府内の主要百貨店で1日、約1カ月ぶりに平日の全館営業が再開したのに合わせ、お中元商戦が始まった。政府の緊急事態宣言中の休業を補うため、各店が工夫を凝らして巻き返しを狙う。新型コロナウイルス流行に伴い、各店は売り場面積を拡大して客同士の「密」を避ける対策を取った。

 あべのハルカスに入る近鉄百貨店本店(阿倍野区)は外出自粛に伴う在宅時間の増加を意識し、自宅で楽しめるギフトの品ぞろえを強化した。

 阪急百貨店梅田本店(北区)は、昨年に引き続き、売り場面積をコロナ禍前の約5倍にし、客や従業員間の距離を確保した。