ハンドボール男子の日本リーグに参入して2季目となるジークスター東京は1日、東京都内で新体制発表会見を開き、大崎電気から新加入した日本代表主将の土井レミイ杏利(31)は「新規ファンの獲得に向けて全力を尽くし、サポーターの皆さんと一緒に日本一を目指せたら」と意欲を燃やした。

 競技人気拡大のために幅広く活動している土井は「参入して2年目なのにハンドボール界を背負って立ちたいという(チームの)思いが、僕のハンドボールを広めたいという気持ちと重なった」と移籍を決断した理由を説明。「自分自身のプレーの向上を考えた時に、新しい環境に挑戦したいと思った」と力を込めた。