NTTドコモが運営するスマホを使った決済サービス「d払い」で1日正午すぎから障害が発生し、一部のサービスが利用できなくなった。原因はシステムの不具合で、復旧作業を続けている。短文投稿サイト「ツイッター」には「d払いが使えない」といった利用者らの書き込みが相次いだ。

 d払いは、店やネットでの買い物で利用できる決済サービス。バーコードを使い、店で支払う機能などが利用できなくなった。2018年4月にサービスが始まり、利用者数は今年3月末時点で約3500万人。

 ドコモは自社サイトに「大変ご迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」とのコメントを出した。