【シドニー共同】国際的な食肉加工大手JBSがサイバー攻撃を受け、オーストラリアで5月31日から操業を停止していることが1日、分かった。オーストラリアのメディアが伝えた。操業停止が長期化すれば、食肉供給に影響が及ぶ恐れがあるという。

 ただオーストラリア食肉産業協議会は1日、サプライチェーン(供給網)全体で効率的な家畜管理などのシステムが整っているとして、「現時点では食肉の供給に大きな影響が出るとは考えていない」とのコメントを発表した。

 JBSはブラジルが本拠地で世界的に事業を展開。先週末のサイバー攻撃で、オーストラリアでは全ての加工施設で操業を停止した。