日本サッカー協会は1日、日本代表がジャマイカ代表と対戦する予定だった3日の国際親善試合(札幌ドーム)を中止すると発表した。新型コロナウイルスの防疫対策で、ジャマイカの選手は試合参加の条件として5月31日までに来日する必要があったが、日本に出発する前の検査でトラブルがあり、10選手が到着できなかった。

 日本協会は試合開催の条件として政府から徹底した検査を義務付けられている。日本の海外組も含めて入国翌日から毎日検査を実施し、3日目の陰性が確認されなければ試合に出場できない。