自民党の菅原一秀前経済産業相(59)=衆院東京9区=は、選挙区内の行事の際、祝儀や会費名目で現金を配布したとの疑惑を受け、衆院議員を辞職する方向で最終調整に入った。一方、東京地検特捜部は近く、公選法違反(寄付行為)の罪で、菅原氏を略式起訴する方向で調整しているもようだ。複数の関係者が1日、明らかにした。

 菅原氏は近く、大島理森衆院議長宛てに辞職願を提出し、早ければ3日の衆院本会議で許可される見通し。それに先立ち、1日にも自民党に離党届を提出する。

 公明党の山口那津男代表は記者会見で「一刻も早く本人が説明責任を果たす努力を改めて強く求めたい」と述べた。