新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の延長に伴い、休業要請が一部緩和されたことを受け、東京都や大阪府にある百貨店や大規模映画館、アミューズメント施設が1日、営業を再開した。人の流れが活発になることで感染が再拡大する懸念もあるだけに、各施設は対策に万全を期し、経済活動との両立を目指す。

 大型施設への休業要請を受け、百貨店などは生活必需品部門を除き、4月下旬から休業。経営への影響が深刻化する中、各業界が営業再開を求めていた。一方、休業要請や時短営業要請が緩和されなかった飲食業界は苦境が続く。