東京五輪に出場するソフトボールの女子オーストラリア代表が1日朝、成田空港に到着した。新型コロナウイルスの感染拡大で大会延期が決まった後、初めての海外選手団の来日。群馬県太田市で7月17日まで事前合宿し、実業団や大学計12チームと練習試合を重ねて大会に備える。合宿中の移動はホテルと野球場の往復に制限するなど、コロナ対策も徹底する。

 相手国の意向やコロナ対策の負担を理由に選手団の受け入れを見送る自治体が増え、丸川珠代五輪相は1日、事前合宿や交流事業を断念したのは105自治体と明らかにした。

 厚生労働省などによると、新型コロナは選手団全員が陰性だった。