【ウィーン共同】イラン核合意の履行状況の検証に当たる国際原子力機関(IAEA)は5月31日、イランが22日時点の推定量で濃縮度60%のウランを2・4キロ、20%のウラン62・8キロを貯蔵しているとする報告書をまとめた。全体の濃縮ウランの貯蔵量は3241キロだった。2015年の核合意はイランによる濃縮度の上限を3・67%と定めた。60%は核兵器級の90%に接近する重大な核合意違反。

 イランは2月、米国に制裁解除を迫る駆け引きの一環としてIAEAの査察受け入れを制限。IAEAは報告書で、濃縮ウランの貯蔵量を確認できなかったと指摘した。