【パリ共同】女子テニスの大坂なおみ(23)=日清食品=が5月31日、自身のツイッターで四大大会第2戦の全仏オープン(パリ)のシングルス2回戦を棄権すると表明し「2018年の全米オープン以降、長い間うつに悩まされてきた」と告白した。開幕日の30日の1回戦で勝利後、記者会見を拒否し、四大大会の主催者側からは大会追放などの厳罰もあり得ると警告を受けていた。

 大坂は「パリでは既に弱気になり不安を感じていて、自分を守るために会見をやめたほうがいいと考えた」と心境を説明し「ルールの一部がかなり時代遅れだと感じた」と会見出席の義務には改めて異論を唱えた。