気象庁は5日、沖縄地方と鹿児島県の奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。今年、全国で初めて。沖縄は平年より5日、昨年より11日早かった。奄美も平年より7日、昨年より12日早い梅雨入りとなった。

 気象庁によると、沖縄から奄美にかけては5日、前線がかかっており、雨が降っている場所が多い。今後1週間も前線や湿った空気の影響で曇りや雨の天候となる見通しで、梅雨入りと判断した。