【ワシントン共同】イエレン米財務長官は4日に公開された米誌のインタビューで、巨額の財政出動に伴い「米経済が過熱しないように幾分かの利上げが必要となるかもしれない」と述べた。金融政策に言及したとして市場に動揺が広がると、イエレン氏は「予測でも推奨でもない」と釈明し、火消しに回った。

 オンラインで事前収録した米アトランティック誌で金利上昇の可能性を指摘。「政府の追加支出は経済規模に比べれば小さい」とも強調し、インフレ抑止に必要だとしても「とても緩やかな金利上昇」にとどまるとの見解を示した。