【ロンドン、ワシントン共同】ロンドンでの先進7カ国(G7)外相会合は2日目の4日、中国やロシアを中心に討議した。中国による香港への統制強化や新疆ウイグル自治区での人権侵害への懸念を共有したほか、5日に発表する共同声明で台湾が世界保健機関(WHO)などの国際機関に参加することへの強い支持が明記される見通しとなった。茂木敏充外相は中国による東・南シナ海での一方的な現状変更の試みにも「深刻な懸念」を表明した。

 共同声明は台湾支持に加え、中国への厳しい批判も盛り込む可能性があり、中国の反発は必至だ。