政府は、海水浴場で津波警報や注意報が発令された場合に、聴覚障害がある人へ視覚で知らせる旗「津波フラッグ」の普及に乗り出した。昨年6月から活用を始めたが、今年2月末時点で導入したのは海水浴場を擁する全国446市町村のうち約14%の63にとどまる。2025年度までに80%の普及率を目指し、周知の取り組みを本格化させる。

 旗は縦と横がそれぞれ1メートル以上のサイズで、視認性が高いとされる赤と白の格子模様をあしらった。津波注意報や警報、大津波警報が発表されると、監視員やライフセーバーが監視塔や建物の上といった高さがある場所で掲げて知らせる。