オリックスは一回に吉田正の適時二塁打などで先制しながら逆転を許したが、八回に代打ロメロの1号2ランで追い付いた。西武は2点を追う五回に愛斗の2点二塁打などで3点を挙げてリードを奪ったが逃げ切れなかった。