【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は31日の記者会見で、日本が新型コロナウイルスワクチンを台湾に提供する方向で検討していることに関し、「ワクチン支援を政治的利益の道具におとしめるべきではない」と述べ、けん制した。日本と台湾の関係強化を警戒したとみられる。

 汪氏は「日本は自らに必要なワクチンも確保できていない」と指摘。その上で「中国は台湾の同胞のコロナ対策を助けるため最大限の努力をする」と強調した。