政府の東京五輪・パラリンピック推進本部事務局は31日、野党が国会内で開いた会合で、東京五輪・パラリンピック選手村に、選手が酒を持ち込むことは可能だと説明した。選手村を運用する大会組織委員会の見解として示した。野党側からは批判が相次いだ。

 事務局によると、選手村で利用できるケータリングサービスで酒が注文できるほか、選手自身が持参することも禁止されていない。会合に出席した立憲民主党の柚木道義衆院議員は「国民に『外食自粛を』と言っておきながら、選手を特別扱いするのは理解が得られない」と訴えた。