大阪府は31日、新型コロナウイルスに感染した16人が死亡したと発表した。5月発表の死者数は月別で過去最多の859人に上り、これまで最多だった1月の347人の約2・5倍に達した。累計の死者数は2315人で、人口規模が大阪より大きい東京都を抜いて全国最多が続く。変異株が主流化した第4波の爆発的な感染拡大や、深刻化する医療提供体制の逼迫が主な要因とみられる。

 共同通信の集計によると、東京都の5月発表の死亡者数は164人で、累計は2055人。

 大阪府の5月の死者の内訳では、年代別で最も多かったのは80代の326人で4割近くを占めた。60歳未満の死者も52人いた。