新型コロナウイルスワクチンの1日当たり接種回数が、医療従事者向けも含め50万回前後となり、加速していることが政府の集計で31日、分かった。少なくとも1回接種した高齢者らは466万人で対象人口の8人に1人(13・1%)に達した。接種率は地域によって差が見られ、緊急事態宣言の対象地域では遅れる傾向にある。ペースが速いほど感染者が減るとの試算もあり、政府は1日100万回を目指し、救急救命士や潜在看護師など新たな打ち手の確保を急ぐ。

 都道府県別に高齢者接種の実施状況を見ると、1回目の接種が終わった人の割合は和歌山が最多で26・8%。山口の24・5%が続いた。