日本ゴルフ協会(JGA)は31日、東京五輪で日本代表が着用するユニホームを発表した。高みを目指して挑戦する姿勢を右斜めに上がるラインで表現し、赤、白のほか日本の海や桜をイメージした青とピンクを使い、5種類が用意された。

 暑さ対策として汗の吸収や通気性に優れ、下が透けにくい生地を採用。女子担当の服部道子コーチは「みんなの気持ちを含んだウエアに仕上がっている。自信をもって選手に提供できるのでは」と語った。キャディーバッグ、シューズなども公表された。

 メダルの報奨金は金が2千万円、銀が1千万円、銅が600万円と前回リオデジャネイロ五輪の時の2倍に決まった。