トヨタ自動車の株価が31日、東京証券取引所で一時9227円を付けて上場以来の最高値を更新し、株価と発行済み株式数に基づいた企業価値を示す時価総額が30兆円を超える場面があった。新型コロナウイルス流行の収束が見通せない中、新型のスポーツタイプ多目的車(SUV)が人気な上、米中市場での販売も好調で、注目を集めた。

 トヨタ株は上場以来の高値を取引時間中に4営業日連続で更新した。国内企業の時価総額でトヨタは首位。2位は約14兆2千億円のソフトバンクグループ、3位が約13兆6千億円のソニーグループで、トヨタは2倍以上の差をつけている。