中堅航空会社で北海道が地盤のAIRDO(エア・ドゥ、札幌市)と九州が拠点のソラシドエア(宮崎市)は31日、経営統合すると発表した。2022年10月に共同持ち株会社を設立する。業務を共通化しコストを削減するが、現在の路線網とブランドは維持する方針だ。

 コロナ禍で乗客激減が長引き、航空各社の経営は悪化しており、業界再編の動きが本格化してきた。

 持ち株会社の傘下に、エア・ドゥとソラシドエアが入る。燃料・資材の調達や機体整備の協業などが想定され、具体的な内容は国土交通省などの関係当局と調整する。両社で5年以内に最大50億円の収支改善を見込む。人員整理は行わない。