東京都内で2013年、知人男性の娘で当時小学生だった10代の女性に性的暴行を加えたとして、警視庁捜査1課は31日までに、強姦の疑いで東京都北区滝野川の会社員荒木博路容疑者(52)を逮捕した。

 同課によると「10回ぐらいやった。性欲を抑えられず、欲求を満たすためにやった」と供述している。女性宅に泊まり、両親の就寝後に暴行したといい、女性に口止めしていたとみられる。

 暴行の様子を撮影したとみられる画像を荒木容疑者の妻が発見し、妻から連絡を受けた女性の母親が昨年7月、警視庁に相談した。

 逮捕容疑は13年4月29日夜、女性の自宅で性的暴行を加えた疑い。