加藤勝信官房長官は31日の記者会見で、ベトナムで見つかった新型コロナウイルスのインド株と英国株の混合型とされる新たな変異株について「現時点で、わが国で感染者は確認されていない。情報収集や評価分析を進めていく」と述べた。

 この変異株について厚生労働省がベトナム政府に確認し、インド株に感染した患者4人から英国株とも共通する変異が見られたと説明を受けたという。ワクチンの効果に関しては「影響があるとの証拠は示されていない」と述べるにとどめた。

 今後の国内対策については「国民の不安を取り除く観点から、必要な措置を機動的に行っていきたい」と強調した。