米医薬品大手ファイザーは31日、新型コロナウイルスワクチンに関する添付文書を改訂し、日本での接種対象年齢を16歳以上から12歳以上に引き下げたと発表した。

 保存方法についても、2~8度の冷蔵庫で解凍する場合、同じ温度帯で1カ月間の保存が可能とした。ただし再冷凍はできない。これまでは5日間としていた。

 31日午後に開かれる厚生労働省の専門分科会で、12~15歳を予防接種法に基づき無料で打てる対象に追加することを決める見通し。

 ファイザーは国の審査機関「医薬品医療機器総合機構」に添付文書の改訂を相談。28日に開かれた厚労省の別の専門部会で了承された。